あえぎ声はお静かに★
PCの方はこちらをクリック

⇒ 無料試し読みはこちら

【無料画像】あえぎ声はお静かに★40巻 クリスマスの思い出

入れてやろうか、彼氏に内緒で (。>﹏<。)

⇒ コミなびで読めます。


■クリスマスの思い出

紫ちゃんの制服を着た結斐子ちゃんを見て、高校時代の結斐子ちゃんが手に入ったかのように錯覚して異常に興奮する葵。

以前から結斐子ちゃんと離れてた頃について思うところのあった葵くんの気持ちはわかるのですがそれでも人の制服を着てっていうのが非常に気持ち悪い。

けっこう軽蔑レベルで最悪な痛いカップルなのですが、一応クリーニングに出してから返すという意識は残っていたようです。

葵くんが忘れたふりしてたクリスマスですが、小学校一年生の時、サンタさんを信じている結斐子にいないと言ってしまいしばらく口もきいてもらえなくなります。

葵くん家はおねえちゃんもいたからか、既に脱サンタだったんですね。

親にプレゼント何が欲しいと聞かれて葵が選んだのはキラキラの髪留めでした。

それは結斐子がサンタさんにお願いしていたものだったんです。

結斐子ちゃんを泣かせて困らればりいた葵くんですが、あの頃からただ結斐子ちゃんを喜ばせたかったのだと考えるのでした。

 

■迫る引っ越しとイルミネーション

クリスマスイブはお互いバイトだったのですが、結斐子はバイトの終わり時間が光くんと同じで、話ながら出てきます。

紫ちゃんに光くんの好きな人がみんな紘希先輩を好きになっちゃう話を聞いたと正直に言う結斐子ちゃん。

光くんは別に紘希のことが嫌いなわけじゃないと言います。

「自分自身の問題だよなー」とちょっと茶化すように大人びたことを言う光くん。

やっぱ紘希先輩に似てるなぁ。よかったお兄ちゃんのこと恨んでるとか究極にコンプレックス感じてるとかじゃなくて。

バイトだったはずの葵が結斐子ちゃんを迎えにきていてイルミネーションを見に行くと言うと、無邪気なふりしてついて行こうとしてまんまと葵に釘をさされ置いて行かれる光くん。

その現場を元カノちゃんが目撃してしまいます。

どういうことだと詰め寄る元カノちゃんに彼女のふりだったとネタばらしします。

今まで本気になっても無駄だと考えていたけど、だからって真剣にぶつかってくれた人を振り回していいはずなかったとキチンと謝ります。

これからは本気で好きになった子としか付き合わないと言われ、それもだいぶ失礼ではあるんだけど元カノちゃんは初めて本音を言ったねと鞄でコツいてきます。

この子も本気で光くんのこと好きだったから本音を見せずにかわしていこうとするのが納得いかなかったんだろうね。

こうやって一個一個の恋をキチンと終わらせられれば前に進めるんだと思いました。

一方結斐子ちゃんはイルミネーションデートに喜んではいますが、心の中は迫る引っ越しの日を思っています。

こんな調子でほんとに離れて大丈夫なのかなー。

どんなに頭で理解はしてても以前にぽろっとこぼした行かないでっていうのが本心だということに変わりはないのにね。

実家同士の学生さんだったりしたらもっと会えなくて普通なんだろうけど、どのカップルも離れるにしても近づくにしても環境が変わるときが正念場ですからここをどう乗り越えられるかが今後の見どころですね。

 

⇒ あえぎ声はお静かに★1話 女子大生の引っ越し先には狼さんがいっぱい♪

■あえぎ声はお静かに★厳選!!無料動画







 

■あえぎ声はお静かにの人気の理由は?

殿堂入りの人気漫画です。(*^_^*)

エロな展開も多いのですが、三角関係の心理描写も見ものです。


ちなみに私が好きなシーンは、10話の『路地裏』エッチシーンでした。(。>﹏<。)

もう結斐子ちゃんもだいぶ調教されてなんでもOKになってないか心配(´-ω-`)


羞恥系プレイがない15話もありますが、その分胸キュン内容になっています(*˘︶˘*).。.:*♡



⇒ 無料試し読みはこちら





⇒ PCの方はこちらをクリック



コメントを残す